詳細
検索
期間

  ニュース     2021/04/07 20:58

マレーシア:東海岸鉄道がクラン港直接乗り入れ、建設費14%増 無料記事

【亜州ビジネス編集部】マレーシア政府は、中国の広域経済圏構想「一帯一路」の一環で進められている東海岸鉄道(ECRL)建設案件について、建設費を約14%増額する中国側の提案を受け入れた。クラン港の主要コンテナターミナルであるノースポート(北港)とウエストポート(西港)に直接乗り入れることで、総延長を従来計画の640キロメートルから655キロに延ばす。ザ・スター・オンラインが6日伝えた。
 ECRLはクアラルンプール近郊のクラン港から東部沿岸のクアンタンを経由し、マレー半島北東部クランタン州のタイ国境までを結ぶ。従来計画では、クラン港の内陸側の入り口に当たるジャラン・カスタム駅を始発駅としていたが、ノースポートとウエストポートからコンテナをトラック輸送する必要があるため、各ポートへの延伸を決めた。なおジャラン・カスタムからノースポートまでは24キロ、ウエストポートまでは6キロだ。
 延伸により、建設費は従来の440億リンギ(約1兆1700億円)から500億リンギに増える。既に中国交通建設(CCCC)が着工しており、今年1月時点の進ちょく率は20.37%。2026年の開通を目指す。路線の運営は、財務省傘下のマレーシア・レール・リンク(MRL)とCCCCの折半出資会社が手掛ける予定だ。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース

関連産業レポート