詳細
検索
期間

  ニュース     2019/09/11 22:59

マレーシア:7月の流通業売上高5.7%増に減速、自動車落ち込む 無料記事

 マレーシア統計局が11日発表した2019年7月の流通業売上高は、前年同月比5.7%増の1125億リンギ(約2兆9000億円)だった。伸び率は前月の5.9%から減速。前年同月にタックスホリデーで販売が急増していた自動車が、反動で減少した。
 部門別では、自動車が2カ月連続で落ち込み、1.7%減の136億リンギだった。一方、金額が最大の卸売りは6.6%増の524億リンギとなり、4カ月連続で伸びが加速。19年に入って最大の伸びとなった。小売りは7.1%増の465億リンギと前月の伸びをやや下回ったものの、好調が続いている。
 7月の流通業販売量指数は前年同月比で6.3%上昇。ただ、上昇率は前月(6.4%)から減速した。内訳は卸売りが5.8%上昇で前月の伸び(5.0%)を上回る一方、小売りが8.4%上昇で前月の伸び(9.6%)を下回った。自動車は0.3%上昇し、前月の0.1%低下からプラス転換した。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース

関連マクロ統計