詳細
検索
期間

  ニュース     2021/06/14 20:58

シンガポール:アズビル、ビル管理向けのソリューション開発に着手 無料記事

【亜州ビジネス編集部】制御・計測機器メーカーのアズビルは、大規模な複合施設の空調や電気などを一括管理するシステム向けのソリューション開発をシンガポールで開始したと発表した。シンガポール経済開発庁(EDB)の支援を受け、人工知能(AI)やビーグデータといったデジタル技術を用いたソリューションの開発を進める。
 「統合型ビルディンマネジメントシステム(IBMS)」と呼ばれるシステム向けに開発する。同システムは、複合施設の空調や電気のほか、衛生や照明、監視カメラ、エレベーターなどの各種設備管理システムを一括管理するもので、施設内の設備やエネルギーの効率化を実現する。現状では各種ソリューションが個別に開発されることから、情報の“縦割り”が発生し、非効率な状態になっているという。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース

関連産業レポート