詳細
検索
期間

  ニュース     2021/06/13 20:59

マレーシア:PCBの墺AT&Sが進出、85億リンギでケダに工場 無料記事

【亜州ビジネス編集部】オーストリアのプリント回路基板(PCB)メーカー、AT&Sは10日、北部ケダ州への工場設置に85億リンギ(約2260億円)を投資すると発表した。同社が東南アジアに生産拠点を設けるのは初となる。
 クリム工業団地でハイエンドPCBと集積回路(IC)基板の生産工場を今年下半期に着工し、2024年の生産開始を予定する。これにより5000件の雇用創出を見込む。また、研究開発(R&D)も現地で推進する。 
 同社は今年3月時点では、ベトナム北部への工場設置に15億ユーロ(約2000億円)を投資する計画と現地メディアに報じられていた。ケダ州を選んだ理由について、インゴルフ・シュローダー最高執行責任者(COO)は「クリム工業団地が当社の拡張計画に合っていた。優れたインフラ、安定したサプライチェーン、半導体を巡る良好な環境にも魅力を感じた」と語った。 


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース

関連産業レポート