詳細
検索
期間

  ニュース     2020/12/28 20:54

シンガポール:今年の運輸市況、海運はパンデミック前の水準を維持 無料記事

 新型コロナウイルスの感染拡大(パンデミック)による国境規制で空運による旅客輸送は激減したが、公共輸送機関の乗客数は回復し、海運貨物はほぼパンデミック前を維持した。
 運輸省がフェイスブック上で公表した統計によると、公共輸送機関の4月の旅客数は年初の32%で、5月に25%まで下がったが、その後は増加に転じ、11月は72%まで回復した。社会・経済活動を制限するサーキットブレーカーの導入(4月7日)が旅客動向を左右した。
 チャンギ空港の4月の旅客数は年初の0.004%という少なさ。シンガポールが外国からの旅客の受け入れを停止したのは3月23日。旅客はその後、わずかずつ増加し、11月の旅客は年初の0.019%だった。
 強さを示したのは海運で、貨物取扱量は年初とほぼ同じ水準を維持し、11月は同97%だった。
政府は空運のほか、海事業界にも、船乗りへの金銭支援、客船に対する港湾使用料の割引、海事会社に対する融資返済猶予の供与など支援を実施した。
(提供:AsiaX http://www.asiax.biz


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース

関連産業レポート