詳細
検索
期間

  ニュース     2020/07/05 20:59

アセアン:中国物流大手の百世、マレーシアなど3カ国に進出 無料記事

 中国物流大手、百世集団は2日、マレーシア、シンガポール、カンボジアで新たに宅配サービスに参入すると発表した。昨年進出したタイ、ベトナムと合わせて東南アジア5カ国をカバーし、サービス対象人口は2億1500万人に拡大する。
 3カ国では3年以内に物流センター12カ所、配送拠点400カ所を整備する計画。クアラルンプールとプノンペンには、高速自動仕分け設備や寸法測定・計量・バーコード読み取り装置を配備した旗艦物流センターを設置する。
 同社は東南アジアを世界戦略上の重要市場と位置付けている。中国証券網などによると、タイでは物流センター8カ所、配送拠点379カ所を整備して、バンコク首都圏で翌日配達を実現した。ベトナムでは物流センター7カ所、配送拠点367カ所で、ホーチミンとハノイで市内同日配達を可能にして現地業界に大きな影響を与えたという。新たな3カ国でも同様の展開を目指すとともに、インドネシア、フィリピンへの進出も視野に入れている。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース

関連産業レポート