詳細
検索
期間

  ニュース     2019/08/09 21:53

タイ:消費財大手オソトサパー、富士電機と自販機合弁 無料記事

 栄養ドリンク「M150」などを製造・販売する消費財大手のオソトサパーは8日、自動販売機を設置・運営する富士電機の現地法人の株式51%を取得する契約を交わした。取得額は2550万バーツ(約8800万円)。買収により自社製品の販路を広げる。
 完全子会社のオソトサパー・エンタープライズを通じて、アジア自販機オペレーションに出資する。富士古河E&C(タイ)が持つ株式48%と、富士電機(タイランド)が持つ3%を取得。残り49%は富士電機が引き続き保有する。
 オソトサパーは「M150」のほか、日本企業との提携で栄養ドリンク「リポビタンD」や乳酸菌飲料「カルピス」、ビタミンC飲料「ビタミンレモン」なども販売している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース

関連産業レポート