詳細
検索
期間

  ニュース     2021/09/13 20:59

シンガポール:イセ食品が養鶏場建設、1億Sドル超を投資 無料記事

【亜州ビジネス編集部】鶏卵生産大手、イセ食品のオーナーが過半数株を持つイセ・フーズ・ホールディングスが、シンガポールに養鶏場を建設する。10日にシンガポール食品庁(SFA)と覚書を交わした。投資額は1億シンガポールドル(約82億円)以上。来年に着工し、2024年から段階的に稼働させる。フル稼働時の年産能力は鶏卵が3億6000万個、ひな鳥が500万羽となる。
 産卵鶏の養鶏場や、ひな鳥のふ化場など4カ所の施設を設ける。建設地は北西部のリムチューカンの2カ所と、同スンゲイテンガと西部のトゥアスの1カ所ずつを予定。遠隔で鶏の健康状態を監視するシステムなど、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を使った最新技術を導入する。
 フル稼働時はシンガポール国内の鶏卵需要の22%を満たせる見通し。他社の養鶏所も合わせた国内自給率は、現在の28%から50%に跳ね上がることになる。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース

関連産業レポート