詳細
検索
期間

  ニュース     2020/08/02 20:59

ベトナム:ビングループの製造部門、上半期は3倍増収 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】コングロマリット(複合企業)大手のビングループは、製造部門の2020年上半期の売上高が6兆1600億ドン(約276億円)で、前年同期から3倍に増えたと発表した。VNエクスプレスが7月30日付で伝えた。
 同社の製造部門には自動車、電動バイク、スマートフォンがあり、自動車部門のビンファストは19年後半に売り上げが立ち始めたばかり。20年1〜3月の販売台数は約5100台で、ブランド別で5位に入った。またスマホ製造子会社のビンスマートは、20年4月末までの17カ月で120万台を販売した。
 ビングループ全体の20年上半期の売上高は37%減の38兆5800億ドンで、純利益は60%減の1兆3500億ドンに落ち込んだ。売上高は主力の不動産が31.4%減の23兆4600億ドン、ホテル・娯楽が38.0%減の2兆6000億ドンと不振。新型コロナ対策でソーシャルディスタンス(社会的距離)措置が全国にとられ、4月にリゾートや遊園地を閉鎖したことが響いた。また小売専門のビン・コマースなど2社をマサングループに売却したことも全体の減収につながった。
 ビングループは今後、自動車とスマートフォンにとりわけ注力する意向で、20年末までに米国進出を目指すとしている。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース

関連産業レポート